「内勤営業」は、「外勤営業」の
「アシスタント」ではありません。

法人事業本部 インサイドセールス事業部長

R.M.(2017年入社)

入社動機

私は2017年に、法人事業本部・インサイドセールス事業部長としてレノボに入社しました。しかし、社会人としてのキャリアの前半は、ファイナンスでした。その後、キャリアの幅を広げたいと思い、セールスという世界に飛び込んだのです。多くの人が感じることかもしれませんが、セールスを志した当時の私は、営業職に対する一面的な見方をしていました。靴底をすり減らして顧客を駆けずりまわり、頭を下げる日々……。そんな短絡的なイメージです。しかし、ある外資系企業ではじめてインサイドセールス分野での営業職を担当した際、私の捉え方は180度転換しました。営業担当個人が、盲目的に個人技を発揮していくのではなく、営業の「仕組み」を構築し、営業に携わる全員で「仕組み」を育てながら組織としてチームとして成果を上げていく。従来の日本企業の伝統的な捉え方と外資系企業での考え方の違いは「目から鱗が落ちる」ほどの衝撃を受けました。その後、ハードウェア、ソフトウェアの各分野における世界を牽引するトップ企業で、「チーム」を育て「仕組み」で売るセールスを実践してきました。レノボへの転職は、これまでの私が実践してきたことの「総仕上げ」という捉え方をしています。「チーム」づくり、セールスの「仕組み」づくりを、さらにパワーアップさせていきたい。なかでも「人を育てる」という側面で、さらなる可能性を模索したいと思いレノボへの転職を決意しました。

現在のミッション

レノボの営業は、外勤営業と内勤営業に分かれます。私が事業部長として担当する「インサイドセールス」は、いわば「内勤営業」です。「内勤営業」という言葉は、私自身はあまり適切な表現であると思っていません。「内勤」であることは事実ですが、その言葉から受ける一般的なイメージは「外勤営業のサポート役」というものでしょう。したがって「誰にでもできる簡単な業務」という誤解を与えかねない。特に長年日本企業に勤めてきた人には、そのような受け止め方をされがちです。確かに旧来のレノボにも、そのような雰囲気はありました。しかし、今は違います。まさに今、インサイドセールスの業務改革を行っている段階なのです。その意味では、まだ完成し尽くしていない、きわめてエキサイティングなステージで活躍可能なことをお約束できると捉えています。そのステージを多くの仲間とともに知恵を出し合い、ともに創り上げていくことこそが、現在の私の重要なミッションです。業務改革の途上ですから、心身ともに大変な場面もあるでしょう。できあがっていないものを、どう創り上げていくかという段階ですから。しかし、その分、確実に得るものも大きいし、そのことが確実にあなたの「この先のキャリア」において血肉となることは間違いないと思っています。

仕事の手応え

私自身、さまざまな世界を代表する企業で勤務してきましたが、レノボの強みは「人の魅力」だと認識しています。そして企業として「フェア」であること。さらにいえば、ハードウェアメーカーは、一般的に新しいチャレンジに消極的というイメージで捉えられがちですが、レノボは違います。「良い」と思えることを正しく理解してもらうことができれば、多くの場合は「Go!」となります。私は今、インサイドセールスの業務改革を通じて、法人営業の仕組みそのものの改革に取り組んでいます。このことは、デジタルマーケティングとセールスの橋渡しを行い、それを支えるプラットフォームを創り上げるということです。このことは、多くの日本の産業が抱えている「生産性の低さ」を改革するという大きなテーマにつながることです。このステージに参加してくれる仲間には、レノボに限らず、どんな企業に移ったとしても普遍的に生かせるスキルを身につけてもらいたいと願っています。実際、日本でのセールスの仕組みを変えることにつながるのですから。そのためにも、まずはレノボ内での改革を推進すること。そして同時並行で日本企業に対して「売れる仕組み」を構築するお手伝いができるようになっていきたい。その「夢」こそが、現在の私が感じる仕事の手応えです。

これからの夢・目標・Vision

私は、インサイドセールスの業務改革を行うなかで、「3つのP」を大切にしています。それは「People(人)」「Process(仕組み)」そして「Passion(情熱)」です。この3つが正三角形を描くことで、より良い成果が生まれていく。私は体験的にそう信じています。なかでも「Passion」は、見落としがちなことですが、とても重要な要素です。「人」と「仕組み」が優れている。これは当然のように目指すべきものです。しかし、その両者を動かすエンジンこそが「情熱」なのです。セールスというと、「物作り」の達成感とは違う印象を与えてしまうかもしれません。私も昔は、そう感じていました。しかし、実際は多くの人が関わり、「チーム」として「仕組み」を創り上げていくのです。そこには、「みんなで創り上げる」という大きな達成感が待っているのです。私が過去、さまざまなチームで言われてきた言葉に「あなたのチームにいて良かった」というものがあります。この言葉こそが私の何よりの勲章です。「情熱」をエンジンとして「人」がより良い「仕組み」づくりにチャレンジする。この達成感をレノボの多くの仲間と共有していきたい。当面の自分自身の目標は「Growth With Fun!」です。私を含めた全ての仲間が、喜びを感じながら高い目標に挑戦し、組織として成果を上げるとともに、自らも成長していく。これこそが、私がレノボというステージで成し遂げたいことなのです。

TOP