グローバルにおけるレノボ

2005年、IBMのパーソナルコンピューティング事業部と中国レノボが統合し、新生レノボが誕生しました。従業員数は世界で5万人以上、160カ国において460億ドル以上の売上を誇る企業です。2013年には、世界のPC市場でNo.1となり、現在も維持し続けています。そして2014年にはIBMよりx86サーバービジネスを、またグーグルからモトローラブランドのスマートフォンビジネスをそれぞれ買収し、ビジネスを拡大し続けています。挑戦を続けるレノボは、フォーチュン誌が選ぶ「グローバル500」の231位にランクされ、インターブランドが選出する「もっとも価値あるブランド・トップ100」にもランクインしました。

数字で見るレノボ

TOP